BLOG

【トレーナー紹介①】猿渡翔太

【トレーナー紹介①】猿渡翔太

みなさん、こんにちは!

アスレティックトレーナーチーム「TRAIN STATION」のトレーナー、猿渡(えんど)です!

先日我々のウェブサイトが無事公開になりましたので、ここではまず「TRAIN STATION」の紹介と、トレーナーの自己紹介を一人一人行っていきたいと思います!

TRAIN STATION-トレステ-

我々「TRAIN STATION」(以下「トレステ」でいきましょう!)は、スポーツ医学の分野に精通したアスレティックトレーナーが集結した、トレーナーチームです。

多岐にわたるスポーツ医科学の正しい知識や優れた技術を持った専門家として活動する我々アスレティックトレーナーは、主にアスリートを対象としたコンディショニング(怪我の予防、応急処置、リハビリ、トレーニングなど)を請け負っている「トレーナー」です。

一般的には、あまり親しみのない方も多いかもしれません。「トレーナー」と聞けば、「パーソナルトレーナー」や「フィットネストレーナー」と言った言葉が頭に浮かぶ人がほとんどではないでしょうか?

日本においては、イメージとしてもこれらのトレーナーと一線を画す印象が強いようですが、「アスレティックトレーナー」本場のアメリカでは、今や職域はスポーツ現場だけに留まらず、クリニックや病院、一般企業や大学から高齢者施設や土木作業現場までに広がっています。

このようなことからも、アスレティックトレーナーが一般社会に貢献できることはまだまだある訳で、我々トレステのメンバーもそんな思いを胸にそれぞれの活動に当たっています。

トレステだからできること!

トレステには、アスレティックトレーナーとして様々な現場で働くトレーナーが揃っています。スポーツの専門家としてプロアスリートや日本代表のサポートから、クリニックや身体障害者の方のサポート、そしてパーソナルトレーニングで一般の方まで、まさに老若男女、どの層のお客様にもしっかりと対応できるトレーナーが在籍しています。

「TRAIN STATION」という「駅」に来れば、そこから様々な「路線」でお客様に合った「目的地」を目指せる。

我々はそんな環境でありたいと思っています。

どの「路線」にするのか、「目的地」をどこにするのか、決めるのはお客様自身です。我々はその道のりで手助けをすべく、お客様に寄り添って支えていきます。

我々は、自ら「目的地」を目指し一歩を踏み出したお客様一人一人が、「トレーニング(TRAIN)」や「自己鍛錬(TRAIN)」を通じて自身と向き合い、より良い人生を掴むきっかけを、全力でサポートしていきます。

WE TRAIN HERE

トレステで大事にしているフレーズが1つあります。

それは、「WE TRAIN HERE」という言葉。

文字通り、「私たちはここでトレーニングしています(します)」という意味ですが、この言葉はトレステに関わる全ての人に共有してもらいたい、大事な言葉だと考えています。

実際にこの施設でトレーニングしたアスリートたちのバナーがありました。

この言葉を考えたきっかけは、私が約6年前にカナダのカルガリーに行った際に、カルガリー冬季オリンピック(1988年)のときに使用された施設に行ったとき(現在はリノベーションされて強化施設として使われています。)、実際にこの施設を使ってトレーニングをしているアスリートが「I TRAIN HERE」という言葉とともにバナーとして飾られていたことでした。

正直なところ、誰一人知っている選手はいませんでしたが(笑)、「“私”が“ここ”でトレーニングしています」と掲げているのがとてもクールに見えました…

いずれ、トレステも、誰もが胸を張って「ここ、TRAIN STATIONでトレーニングしています!」と言えるような、関わる全ての人の価値を高められるようなコミュニティでありたいという思いも込め、「WE TRAIN HERE」という言葉を大事にしていきたいと考えています。

自己紹介!

ホームページの事や、我々の理念については実際のページをご覧いただければわかると思うので、お時間ありましたら是非覗いてみてください!

トレステ自体の紹介が長くなってしまったので、私猿渡(えんど)の自己紹介は手短にいきたいと思います!

趣味はもっぱらNBA観戦!何度か現地にも行って観戦しております!

トロントのラプターズ推しです!GO GO RAPS‼

現在はアスレティックトレーナーとして、社会人ラクロスのチームと契約させていただいている傍ら、TRAIN STATIONとしてパーソナルトレーニング等の事業を行っています。

自分自身でもトライアスロンや水泳、フットボール、バスケットボールと言った様々なスポーツを経験しており、「万能タイプ」と思っていただければOKです!

トライアスロンではしっかり「アスリート」してました…

指導に当たっては、「理屈っぽい」と言われることも多いですが(笑)、「なぜこれをやるのか」を明確に示すことを大切にしています。お客様やアスリートが、「なぜやるのか」を理解して取り組むことは、自発的で長期的な効果を得るためには不可欠です!

そして何より大事にしているのが、「指導者たるもの実践者であれ」ということ!時にはお客様よりも自分が大汗をかいてやることもあります(笑)

是非、私と“一緒に”トレーニングを楽しみましょう!!

個人ブログやSNSも是非チェックしてみてください👇👇

それでは✋