BLOG

【トレーナー紹介④】菊地紘平

【トレーナー紹介④】菊地紘平

Guten Tag! 皆さんこんにちは!

第4弾を担当させて頂きます、菊地紘平(キクチコウヘイ)と申します。

自己紹介!

僕の出身はみかんでお馴染み愛媛県。愛媛の宇和島市というところが僕の故郷になります。大学で東京に行くための準備として金髪にしていくという、なかなかの田舎育ちぶりです。笑

資格は日本体育協会公認アスレティックトレーナーを取得しており、今はドイツで理学療法士の資格を取得中です。

そう、渡部くんのところで紹介があった「ドイツに行った者」とは僕のことです。笑

現在はドイツの専門学校に通いながらブンデスリーグ2部の女子バスケットボールチームの育成を見ています。

性格は「フレンドリー」が一番合ってるのかなと思います。誰とでも仲良くなれる自信があります。

とまあ、自己紹介はこんな感じにします。

なぜドイツへ

他のメンバーが確実に実力をつけている中、なぜ君はドイツへ?

まあ当然の疑問ですし、僕も自分に問いかけたい質問です。笑

理由は単純で「みんなとは違う道で力をつけたかった」「世界からいろんな情報を集めたかった」ということです。

当然周りからバカにされましたし、大学の恩師からも「俺が親だったら確実にいかせない」と言われる程でした。笑

ですがこのメンバーだけはバカにせず「頑張ってこい。」とその一言でした。

みんなとは別の道で力をつけ、またみんなと一緒に仕事をしたい。」この気持ちが今の僕を動かす原動力になっています。

ただ知り合いゼロ、ドイツ語の知識ゼロのドイツ生活は正直辛い日々でした。

大学の親友からは「なぜ君はいつも武器のない状態で無謀な挑戦をするの?」と純粋に質問されました。

海外に行く人は基本、例えば医療系だったら鍼灸の資格とか何かの資格をもって海外への挑戦をする人は多いですが、僕の場合なにも持ってない状態。

どう戦っていくのか行ってから考える。とりあえず動いてみる派の人間です。

ドイツでまたゼロからスタートし、どう這い上がっていくのか。どういう人間になっていくのか。 そういった僕の成長も楽しみにして頂けたらと思います。

Train Station だからできる

まだまだここにいるメンバーは成長している最中でまだ完成ではない。

でもそれはまだこれからもっといいサービスをお客様に提供できるという証明でもあります。

みんな違ってみんないい」という言葉があるようにここにいるメンバーはみんな個性的で違った良さを持っています。

違う個性を持っているからこそお互いを助け合い、できる可能性の幅が広がる。

だからこそこのTrain Stationという「駅」から様々な「路線」でお客様に合った「目的地」を目指せるという場所になっています。

ぜひみなさんとお会いできるのを楽しみにしています。

最後までお読み頂きありがとうございました。